住まいを、性能で選ぶ時代がきました。ウエキハウス株式会社/在来工法/金物工法/パネル工法/通気胴縁

エアホール胴縁

特許番号 第2844457号 商標登録番号 第2691429号

木造住宅の壁体内に当社独自の通気胴縁(商品名:エアホール胴縁)を導入することにより、通気性が高まり、住宅の寿命を縮める結露を防ぎ、またカビやダニの発生を防ぎます。
常に快適な住宅の温・湿度環境を維持することを可能にした画期的な住宅部材です。

エアホール胴縁とは?

エアホール胴縁の特徴

あらゆる木造住宅およびRC構造の内外装に使えます (軸組・枠組・パネル2×4工法対応)

木造住宅の耐湿力・耐久力を維持します

通気層の結露を取り除く効果があります

暖房時・冷房時とも壁体内結露を抑制します (※冬型結露及び夏型結露防止対策に効果があります)

一般住宅、高気密・高断熱住宅に使えます

※資料サンプルをお送りいたします。
お気軽にお問い合わせください。

規格・取付

エアホール胴縁 規格寸法表

タイプ 長さ(mm) 巾(mm) 厚(mm) 1束梱包数 1バンドル
45-18 3,800 45 18 15本 35束(525本)
45-20 3,800 45 20 15本 35束(525本)
90-18 3,800 90 18 5本 50束(250本)
90-20 3,800 90 20 5本 50束(250本)

材種:エゾ松等
※状況によって材種及び長さが変更になる事もございます。
ご了承下さい。

エアホール胴縁の取付

現場でエアホール胴縁を入れるときは、柱の芯を基準に張り始めます。
その時、胴縁の切り口から最初のエアホールの芯まで75mmにしておくと、ホールとホールのピッチが152mmでできているため、サイディングの継ぎ目にエアホールの芯が来て、釘が効かないといったことがありません。

※断熱材の種類によって貼り方を変えて下さい
・グラスウール、ペットウォールなどの断熱材の場合  … ホール面を外壁側
・スタイロ等の硬質断熱材の場合  … ホール面を内側

このページの上部へ